FC2ブログ

ぼく、イチロー♪ 

うちに来てくれて、ありがとう
-

心に残っていた会話

2021.1.14(11歳と7ヶ月)



去年の10月のある朝
自転車で通り過ぎようとしていた女性から、声をかけられた

「イチローくん!?」


IMG_5854_600.jpg


一瞬、誰だろう?
「○○の母です」

おととしの10月、○○くん(ボーダーコリー・10歳・♂)が亡くなったことを
人づてに聞いていた○○くんのママさんだった


IMG_5847_600.jpg


急に具合が悪くなった○○くんを、病院に連れて行ったら
緊急手術をすることになって、手術の甲斐もなく亡くなってしまったらしい


IMG_5835_600.jpg


前かごに乗っていた子は、それからしばらくして生まれたお孫さんだった
kurimiki「お孫さんを授かって、○○くんママも、少しは気持ちが癒されることができたね」


IMG_5839_600.jpg


○○くんママ「それはない!孫はね、あくまでも預かりもので
全身全霊で向き合ってくれていた○○とは違うのよ」


IMG_5838_600.jpg


彼女は、1年経って、ようやくわん友さんに声をかけらるようになったと言っていた
あのときは(そっか、そうなのか・・・)って、なんとなくわかったつもりでいたけど


IMG_5850_600.jpg


「お孫さんが生まれたから、少しは気持ちが癒されたね」
なんて言葉、今なら言えないって思う


全然ダメだったり、少しは大丈夫だったり。。。
デコボコで、ボロボロの毎日です。頂いてきたメッセージは、毎日イチローに読み聞かせています。
今でも、イチローに会いにきてくださってありがとうございます。
下記のイチローをクリックすると、応援ポイントが入り、毎日励まされています。
いつも応援してくださって、ありがとうございます!  ( ^Θ^)ノ
             ↓↓
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

よろしければ、こちらもお願いいたします。 
   ↓↓



------------------------------------------------

コメント欄は閉じております。
kurimikiに、思いのたけなど伝えたいことがありましたら
下記の拍手をクリックすると書き込めます。
※コメ返は、かなり遅くなってしまいます・・・ m(*- -*)m

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。