FC2ブログ

ぼく、イチロー♪ 

うちに来てくれて、ありがとう
-

一緒にチャレンジ!

2018.9.20(9歳と5ヶ月)



お昼ごはんの場所で合流する弟家族とは一旦別れ、目的地に向かっていると
宿から、忘れ物の連絡が入り、夫だけ取りに戻ることになった

良さげな景勝地で降ろしてもらったものの、河原に降りられそうな階段がない!


IMG_9209_600.jpg


一箇所だけあった場所は、急斜面!
命綱のロープが張られていた

わたしが3段階に分けて先に降り、イチローを抱きかかえたら何とかいけるかも?


IMG_9210_600.jpg


でもイチローは、下を覗いて「ムリムリ~~~」って言ってるような気がした
だけど、下に降りないと、日差しは強いし木陰もないし暑くてしょうがないぞ


IMG_9213_600.jpg


チャレンジしてみようよ
ねっ?やってみよ!

そうそう、いいよいいよ


IMG_9211_600.jpg


エッチラオッチラやっているわたしたちを
下から、ずっと見ている若いカップルがいた


IMG_9215_600.jpg


やった~降りられたぁ~

と、そのカップルが駆け寄ってきて、イチローの頭を撫でてくれた
「頑張ったね~」


IMG_9221_600.jpg


あんな急斜面を、犬を連れてを降りようとしている
奇特なおんなと犬を、心配して見守ってくれていたのだと思う

岩場から眺める景色は、サイコーだった


IMG_9219_600.jpg

IMG_9220_600.jpg


他にも、数組の若い男女が居て
釣りびとじゃなさそうだし・・・
kurimiki「みなさん、ここで何をされてるんですか?」


IMG_9218_600.jpg


と、尋ねると
ロック・クライミングをしているということだった

へぇぇ、楽しそうだなー


IMG_9217_600.jpg


わたしとイチローは
夫が戻ってくるまで、岩場に並んで川を眺めることにした


IMG_9223_600.jpg


降りてこないと、見られなかった景色
心が洗われてゆくような時間だった


IMG_9224_600.jpg


帰りは、イチローのお尻を押し上げ
わたしは、ロープで一気に登った

登るときは、軽やかだったけど
降りるときは、舌なめづりしとったもんなー!緊張と不安でいっぱいだったんだろう
それでもつきあってくれたのは、信用してくれとんのかなぁ




「また無謀なことを!」と、半分あきらめ
  仕方なくつきあってくれたのかもしれん・・・ ^^;。不安でも、頑張ってくれたイチローに
  きょうも会いにきてくださってありがとうございます ^^/。
  また明日~ ヾ(^∇^) 

  下記のイチローをクリックすると、応援ポイントがはいり
  「きょうは○人のひとが応援してくれたんだ・・・ (*T▽T*) 」と、毎日励まされてます。
  いつも、ありがとーーー  ( ^Θ^)ノノ
        ↓↓

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
ランキングに飛びます!


よろしければ、こちらもお願いいたします。
   ↓↓



------------------------------------------------

コメント欄は閉じております。
kurimikiに、思いのたけなど伝えたいことがありましたら
下記の拍手をクリックして書き込めます。
※コメ返は、かな~り遅くなりますが・・・ m(*- -*)m

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。