ぼく、イチロー ♪

うちに来てくれて、ありがとう
-

ときに思い出すこと

2015.11.12(6歳半)



本当だろうか・・・


P1040662a.jpg


愛犬を亡くした友人が言っていたこと
「ときどき、うちに帰ってくるんだよ
床を歩いていた爪のカチャカチャって音が聞こえるんだよ」


P1040661a.jpg


まさかぁ


P1040658a.jpg


ほんというと、最初は気のせいじゃないの?と、思っていた
でも、幾度か話を聞くうちに
もしかしたら、本当に帰ってきているのかもしれないと思うようになった


P1040659a.jpg


その彼女が言っていたことばが、今も残っている
「何が寂しいって、あのふわふわの毛の感触が恋しくてたまらない」


P1040670a.jpg


そして、ときどき思い出す
イチローの毛を撫でながら


いつか触れなくなる日がくるんだろうな
この感触が恋しいと思う日がくるんだよな


P1040669a.jpg


そしたら
ありふれた今の時間と
あたりまえの感触が、ものすごく貴重に思えてくるのだ


P1040671a.jpg


ひとから聞いて残っていることばが、たくさんある
相手は、すっかり忘れてるんだろうけど
こうやって、今も思い出すんだから


ことばの威力や影響ってすごいなと思う



♪ 感傷的になっているわけではなく
  大事な今を確認させてもらっていることに感謝しているのだ。
  また明日~^^ 
  
  下記のイチローをクリックすると
  応援ポイントがはいります。
  毎日励まされて、書いています ^^ 
  応援して頂いているかた・・・ありがとう!ちゅっ ← いらん?^^;

        ↓↓

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
ランキングに飛びます!


よろしければ、こちらもお願いいたします。
   ↓↓



------------------------------------------------



コメント欄は閉じております。
ごめんなさい。
kurimikiに、思いのたけなど伝えたいことがありましたら
下記の拍手をクリックすると、書き込めるようになっております。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。