ぼく、イチロー ♪

うちに来てくれて、ありがとう
-

技術と方針の違いを知る~無麻酔の歯石取り

2015.10.6(6歳半)



※まおさん、単純な疑問、そうですよね。
JRや営団地下鉄だと、首を出させることはしません。
職員さんが声をかけてくれるくらい都営線はペットに寛大なところがあり
あの時は、ガランとした車内だったため、ホームからそのまま乗車しましたが
あのあとすぐにカートに潜らせました。
犬が苦手な乗客の方もいますものね^^;




イチローと向かったのは、犬の歯を専門にしている病院

タイトルがタイトルだけに・・・・・病院名は伏せよう


P1030945a.jpg


感じのいい誠実そうな女医さんだった

たぶん、この先生の技術が劣っていたとかではなく

今まで歯石を取ってもらったS先生の技術が

トップクラスだったことを知らしめられた


P1030948a.jpg


わんこが耐えられる無麻酔歯石取りの時間は、せいぜい30分

今までは20分もあれば、すっかりキレイにしてもらえたが


P1030951a.jpg


先生「今日だけでは無理です。
   歯石をやわらかくする乳酸菌を渡しますから
   数回にわけてやっていきましょう」

kurimiki「えっ?
     今までは1回ですんだのですが・・・・」
 
先生「1回で取りきるには、かなり高度な技術が必要で
   一般的には、数回にわけてやるしかないですよ」

kurimiki「そんな・・・・」

先生「S先生は神業なんです」

そうだったのか・・・・・


P1030954a.jpg


その女医さんも助手のかたも、好感のもてる方たちだったし

残念だけどしかたない

乳酸菌うんぬんはお断りした


P1030956a.jpg


人間の歯医者だってそうだし

技術に差があるのは当然だけど

犬の歯石取りにしてもそうだったのか・・・


S先生は、しょっちゅう海外に修業に行かれている多忙な身

予約を取るのもひと苦労なため、今回は他の病院を捜したけど

また、連絡を取ってみよう


この病院にしたって、予約がぎっしり埋まっていた

犬の無麻酔歯石取りの需要って、意外に大きいのかもしれない


P1030996a.jpg


今回の病院は、歯が健康でいられる習慣をレクチャーするのを方針としていた

で、教わったオヤツのやりかたは

ペンチにはさんで食べさせるというものだ


P1040001a.jpg


そして、この先生のある言葉が

今も、ずしんと胸に残っている・・・・・

そのことは、明後日書こうと思う



♪ 最後まで読んでくださってありがとうございます。
  また、明日 ^^
  
  下記のイチローをクリックすると
  応援ポイントがはいります。
  毎日励まされて、書いています ^^ 
  応援して頂いているかた・・・ありがとう!ちゅっ ← いらん?^^;

        ↓↓

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
ランキングに飛びます!


よろしければ、こちらもお願いいたします。
   ↓↓



------------------------------------------------



コメント欄は閉じております。
ごめんなさい。
kurimikiに、思いのたけなど伝えたいことがありましたら
下記の拍手をクリックすると、書き込めるようになっております。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。