ぼく、イチロー ♪

うちに来てくれて、ありがとう
-

言葉のいらないドラマ

2014.3.4(4歳と11ヶ月)





夕方、公園に着くと

「あっ イチロー君だーーーっ」と、走って駆け寄ってくる子どもたち

その姿が、たまんなく可愛い ♪



CIMG4262.jpg



「ボール貸して」

と、ちっちゃな手を差し出し



CIMG4263c.jpg



「わたしが、投げるぅ」

「わたしが、先だよ」


ちいさな諍(いさか)い、それがまた可愛い



CIMG4264.jpg



こどもたちがいると

こうやってイチローと遊んでくれるから、わたしは見守るだけだ



CIMG4269.jpg

CIMG4270.jpg



そして

ここは、犬の保育園でもある



犬種も年齢も大きさもバラバラなワンコたちが

ここで、他の子との接し方や遊び方を覚えていく


その様子を見ていると

「犬は、犬から学び取っていくものなんだな」と、思う



CIMG4279.jpg



昔は、半径数㍍以内ママの側から離れることがなかった↓ソラ(トイプー)も

今じゃ、こんなに逞しくなった!



CIMG4281.jpg



自分も仲間に入りたいのに入れず、うずうずして助けを求めに来る子

プロレスが激しくなると、「やめなよ~」と間にはいって止めようとする子


そして、わたしが、いま萌えている、ボーダーコリーのリーガくん↓



CIMG4273.jpg



いぬと子供って、絵になるな~

ってか、太刀打ちできない最強の組み合わせ



CIMG4272.jpg



そんな園児のような犬たちとの最強の組み合わせに


言葉のいらないドラマを

日々紡いでいくドラマを

ここで見させてもらってるような気がしてくるのだ



CIMG4278.jpg





♪ 犬に囲まれて過ごす時間が
  どれだけ心を癒してくれているのか・・・
  言葉はいらない、そんなひととき。

  下記のイチローをクリックすると
  応援ポイントが加算されます
  毎日励まされて、書いています 
  応援して頂いているかた・・・ほんとうにありがとう 

        ↓↓

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
ランキングに飛びます!



よろしければ、こちらもお願いいたします。
   ↓↓



------------------------------------------------



コメント欄は閉じております。
ごめんなさい。
kurimikiに、思いのたけなど伝えたいことがありましたら
下記の拍手をクリックすると、書き込めるようになっております。



■ろきちさん:いちばんフライングしていたのは、イチローだね(笑)
       「こらっ」と叱って写真を撮っていると、またちゃっかり混じってる・・・
       の繰り返しでした。ひとの笑顔って、見ているほうも幸せにしてくれるよね。

■サンタさん:ありがとうございます。
       今回は時間がなくて、手づくりじゃなく既成のケーキを事前に注文していたもの。
       最初から切れてるので、分けやすかったですよ。

■山と海とさん:最初は、ベリーちゃんが狙っているのを避けるようにしていたらしいです。
        でも、ほんのちょっとした隙に持ち去られてしまったようで・・・
        ええ、ええ食べるのが遅いんですよ(わたしも同じなんですけどね^^;)

■tomokoさん:いつもありがとう♪
       1年前のことなのに覚えててくださったんですね~
       あのときは、一瞬の出来事で・・・でも笑っちゃいましたよ!
       またもや、ですが・・・いつものことですが・・・^^;
       

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。