fc2ブログ

ぼく、イチロー♪ 

うちに来てくれて、ありがとう
2

孫のイチロー、孫のわたし

2010.6.27(1歳2ヶ月と27日)




昨日、下関から戻ってきました 


毎度のことながら空港での犬連れは、注目を浴びてしまう


目立たぬように、こっそりしていてもやっぱり目立つ


ひっそりしていたいわたしには、好奇心いっぱいの視線が痒い、痛い!


空港で搭乗を待つ犬なんて、あんまりいないしな



羽田空港で待つ
画像+1932_convert_20100627135831


この同意書にサインする


『故意または重大な過失があった場合を除き、ペットが死傷しても


航空会社は一切の責任を負わないものとする』っていう内容


「ショック死」しても知らんぞっていう内容



画像+1938_convert_20100627140111


嫌がるイチローに「許してくれ」とケージに押し込めるときは胸が痛い


今回は、今一番気に入ってるデカ骨を一緒に入れておいた


万が一首を締めてはいけないので、リードは外す



手荷物カウンターにて固まる犬
画像+1933_convert_20100627135859



これで4回めとなる一緒の帰省


初めてのときは、心臓がバクバクして身が縮こまる思いだった


段々馴れてきたとはいえ


天候が悪くて大きく揺れたり、ドドド?ンと激しい音をたてるときは


「神様、どうかイチローが無事でありますように・・・」と


無神論者のクセに、都合のいいときだけ手をあわせる図々しい性格


山口宇部空港にて喜ぶ犬

画像+1934_convert_20100627135927


空港で生きてるイチローをみて、やっと胸をなでおろす


だったら飛行機なんかに乗せないでペットホテルに預ければ?


っていうご意見もあるやもしれません


一緒に連れて帰りたい、わたしのエゴかもしれません



画像+1935_convert_20100627135959


どっちがイチローのためにいいのか・・・

未だわかりません



画像+1936_convert_20100627140025


でも、子供のいない娘の飼い犬を孫みたいに思い


親戚や友人に「イチローが、あーだ、こーだ、イチローが何したコレした」と


うれしそうにキャッキャッ話している母をみると


連れてきて良かった・・・って毎度思うのです



画像+1937_convert_20100627140048


認知症で、介護施設にはいっている「おばあちゃん」に会いに行った


わたしの頭をいっぱいなでてくれた手も


こんなに、しわくちゃになりました


初孫のわたしは、おばあちゃんいわく「わたしの若い頃にそっくり!」


御年91歳


45年後のわたしの顔が、そこにある


「隣に誰かがいるだけで

      ”憂い”は ”優しさ”にかわります」


                          by筆談ホステス


↑このひと「かわい美人」よねーーー


おばあちゃんには悪いスけど・・・


生まれ変わったら、あんな顔になりたいと願うババ不孝者の孫・・・ここにあり

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。